ハイテク産業を支える精密加工

超硬合金の用途
超硬合金は高温時の硬度低下が少なく、非常に摩耗しにくいとこから、主に金属加工用工具の材料として使われます。超硬工具には用途毎に大きく3つの種類があります。自動車部品の加工の際などに特に多く使用され、個々の部品の加工精度の向上や製造コストの低減といった面で大きく寄与している切削工具。土木工事や鉱山で使用されているロックビット等の建設工具。鉄鋼の圧延に使用されるロール等の耐摩耗工具。MMC RYOTECではこのすべてを製造・販売していますが、特に建設工具と耐摩耗工具に強味を持ち、国内はもとより海外でも高い評価とシェアを得ています。
ハイテク産業を支える精密加工 耐摩耗工具 建設工具 切削工具
English サイトマップ HOME MMC RYOTEC ニュース一覧へ