ハイテク産業を支える精密加工

超硬合金の歴史
超硬金属の歴史は1923年、ドイツの科学者シュレーターによって製法が開発されたことに遡ります。これを製品化したのがドイツのクルップ社で、「ウィディア」と名付けて1927年に発売が開始されました。時をおかず日本でも超硬金属の研究・開発が始まり、三菱マテリアルの前身である三菱鉱業が「トリディア」を開発。主事業であった鉱山経営のための掘削関連工具に威力を発揮しました。以来、三菱マテリアルの超硬は日本の超硬の歴史と歩みを共にし、現在では超硬合金・超硬工具全般を網羅。日本だけでなく、世界の超硬関連業界をリードする存在となっています。
ハイテク産業を支える精密加工 耐摩耗工具 建設工具 切削工具
English サイトマップ HOME MMC RYOTEC ニュース一覧へ