ハイテク産業を支える精密加工
  • ホーム
  • ハイテク産業を支える精密加工

ハイテク産業を支える精密加工
MMCリョウテック株式会社は、三菱マテリアル株式会社加工製品カンパニーグループ企業として耐摩耗工具、建設工具、切削工具、およびそれら超硬素材の一貫生産をしています。さらに各種関連製品の切削、研削などの精密加工を開発し、最新の技術により世界的市場をねらった戦略企業です。近年、産業の空洞化問題が叫ばれていますが、こうした中、技術革新は一層活発となり、ユーザーのニーズは多様化しています。
当社は、これに迅速かつ適切に対応するために、豊富な経験と長年に蓄積してきた生産技術をフルに活用した製品作りで品質、納期、コストダウンの面でユーザーの信頼を得ています。更に、超硬事業の発展に向けて、技術の革新、生産性向上などを三菱マテリアルと緻密な連携のもと、耐摩工具事業部、建設工具事業部、広島工場、明延工場ともフルタイムで邁進しております。
産業を支える超硬合金
超硬金属製造工程
地球上で一番硬い物質はダイヤモンド。そのダイヤモンドに次ぐ硬さと遙かに凌ぐ靱性を持つ金属が超硬合金です。超硬合金は、タングステンカーバイドの粉末をベースにして、コバルトの粉末と用途に応じてチタンやタンタルの炭化物、窒素化合粉末を混合したものを加圧成形、焼成して作られます。三菱マテリアルの超硬合金は、非常に高い硬さ、高弾性率、高圧縮強度に加えて、耐摩耗性、耐蝕性などにも優れているので、切削工具や耐摩耗工具として広く活用されています。私たちの日々の暮らしも超硬合金と深い関わりを持っています。たとえば、自動車の多くの部品は超硬合金の切削工具で削り出されますし、高精度が要求されるコンピュータのプリント基板の穴あけにも使われています。耐摩耗性を利用して棒鋼用圧延ロールやIT関連などの金型に、又、建設工具としては、硬い岩を掘るトンネル建設機械の刃先として超硬合金が使用されます。このように超硬合金は、産業の基盤を支えており、私たちの生活にも欠くことのできないものになっています。


工具材料の位置づけ

グローバルに広がる三菱マテリアルの販売ネットワーク
ハイテク産業を支える精密加工 耐摩耗工具 建設工具 切削工具
English サイトマップ HOME MMC RYOTEC ニュース一覧へ