ハイテク産業を支える精密加工

超硬合金とは
硬質の金属炭化物の粉末を焼結して作られる合金で、一般にはタングステン・カーバイドと結合材であるコバルトを混合したものを加圧成形、焼結してつくられます。使用目的によっては、材料特性を向上させるためにチタンやタンタルなどの炭化物、窒化物粉末を混合します。この原材料のブレンドや製法に長い経験と実績、独自の技術を持つ三菱マテリアルの超硬合金は、非常に高い硬度・高弾性率・高圧縮強度に加え、耐摩耗性や耐蝕性等優れた特性を持っています。
ハイテク産業を支える精密加工 耐摩耗工具 建設工具 切削工具
English サイトマップ HOME MMC RYOTEC ニュース一覧へ